不動産用語の基本


不動産広告に出ている法律で、用途地域、建ぺい率という用語があります。
用途地域とは、住環境を守るために決められた考え方です。
不動産の広告には必ず「用途地域」といった項目が記されています。用途地域とは、各自治体が決めているもので、地域によって建てられる建物の種類や用途、規模を指定している項目の事です。これは、その地域の住環境や利便性を保ち、乱開発を乱さないためのものです。
用途地域には、住居系、商業系、工業系の3つの種類があり、全部で12種類にわけられています。そして住居系には7つの種類があり、詳細に規制されています。
住宅の広告を見れば、その地域にどんな建物がたっているのかがわかり、また、将来どういった建物ができる可能性があるかを予測することが可能です。

あわせて読みたい