中古住宅広告の注意するポイント


不動産広告読む方法・中古マンション一戸建ての広告は、ここを読むべきです。
中古物件の広告は簡略化されていることが多いです。
新築物件と違い、中古の物件は広告の記載内容が簡略化されていることがよくあります。広告は、概略を知るための手段として、自分の目で確かめることをきちんと徹底していください。
広告でチェックしたいのは、下のような項目です。所在地の地番はカットされることもあります。交通には乗換えや信号の待ち時間は含まれていないはずです。
① 交通②所在地③専有面積④築年月⑤構造⑥管理費・修繕積立金⑦仲介⑧広告主⑨土地
⑩建物などです。
中古一戸建ては築年数に注意することです。一戸建てでは、建ぺい率と容積率に関する法律ができる前に建てられたものがよくあります。まずは、現地に行って自分の目で確認しましょう。

あわせて読みたい