建売住宅広告の確認するポイント


建売住宅広告の主なチェックポイントを以下に示します。
所在地に関して、代表的な販売区画の登記番号を表示する。住所ではない。2つ以上の市区町村にまたがっている場合は、各地域の代表地番を表示する。
総区画数に関して、全体の規模を明らかにするため、開発区域のすべての戸数を表示している。
構造・規模に関して、建売住宅では、木造在来工法と2×4工法が主流。耐久性やローンの融資額や返済期間に差が出ることもある。
販売価格に関して、1戸辺りの分譲価格の最低価格と最高価格が表示されている。
手付金等保全機関に関して、売り主が事業者の場合、頭金などの前金(価格の10%、未完成の場合は5%)、または1000万円を超える手付金を支払う時は、指定の保証会社などが発行する手付金等保証書が渡されます。

あわせて読みたい