不動産広告の用語に関して


不動産広告の読む方法・建売住宅の広告は、ここをきちんと確認しましょう。建ぺい率と容積率が広さを決める要素になっています。住宅地や市街地の中には、「用途地域」という属性があり、それによって建てることのできる建物の種類や大きさが確定されています。具体的な家の大きさを決める要素が「建ぺい率」と「容積率」です。
「建ぺい率」とは、敷地面積に対する建築面積の割合を表しています。建築面積は、建物を真上から見たときの最大面積を示しています。容積率は、敷地面積に対しての延べ床面積(建物の各階の面積を合計したもの)の割合です。
広告にはその物件の数字がいろいろと表示されていますから、計算してみるのも良いです。建ぺい率の計算にはバルコニーなども含まれるので、延べ床面積は容積率の上限よりも小さくなるのが当然です。

あわせて読みたい