不動産広告の読むポイント


不動産広告の読む方法・新築マンションの広告の読むべきポイントとは。
マンションに広告に記載される専有面積とは、壁の中心から内側を測ったものとなり、壁面から内側を測量する登記簿面積よりも大きい値となります。住宅ローンの控除には、登記簿上の面積を対象としているので、こういった注意が必要です。
敷地は借地ということも、しっかり確認することも覚えておいてください。
敷地の所有権は、専有面積の割合で共有になるのが普通ですが、敷地そのものが借地という場合もあるので、しっかり入居前に確認することです。
大規模マンションでは、広さや階数によって販売価格が異なります。広告には、すべての住戸の間取りや値段は明記されないことが多いので、直接確認して目で必ずご確認を。

あわせて読みたい