良い不動産広告の見極め方


不動産広告の読む方法・信用できる広告とできない広告の見分け方。
まずは「物件情報」がどれだけ正確に確実に表示されているかがポイントです。
不動産広告には、間取りや外観、所在地、値段などが記載されていますが、いちばん重要なのは「物件概要」として示されているような小さな文字です。ここを見れば、その物件についての必要最低限の情報を得ることが可能です。また、広告には必ず表示しなければいけない項目が決められています。ここがいちばん重要なポイントです。
これらの表示がない場合は、購入の選択の一つにあげるのはやめておいたほうがよいでしょう。
物件概要には、不動産取引の形式や免許番号などがきちんと明記されているはずです。この点から、業者の信頼度を測ることができます。見落としがちな部分ですが、きちんと確認をしましょう。

あわせて読みたい